2019.06

RemoteCall

RemoteCallは、お客様のパソコンやモバイルにリモートで接続し、リアルタイムで問題を把握、解決することができるリモートサポートツールです。

社会の情報化が進み、PCだけではなくスマートフォンやタブレットなどのデバイス増加、発生するトラブルもさまざまです。従来の電話を使ったサポート形式では、状況がなかなか把握できない。人手不足でサポート人員が足りず、もっと効率的な運用が必要。訪問サポートの時間が足りず、予約が1ヶ月先までいっぱい。そんな日々のサポート業務で抱える問題を解決する答えは「見える化」にあります。リモートサポートツールなら、その場で遠隔地のトラブルをリアルタイムで確認し解決できます。


リモートサポートの流れ


リモートサポート接続イメージ


安心・安全なリモートサポートツールRemoteCallが選ばれる理由

 

 

1.     ひとつのライセンスで、PC・モバイル・現場のサポートに対応

リアルタイムで遠隔地のトラブルを診断し解決

2.     軽量化モジュールで、スピーディーにサポート開始

軽くて安定した接続方法で、円滑なサポート対応

3.     最新のセキュリティ技術で、個人情報保護も安心

4段階セキュリティ処理で、安全に顧客やサポートデータを保護

 


◆ PCサポート

PCサポート機能は、サポートをリクエストした顧客のパソコンに接続し、顧客が見ているパソコン画面を一緒に見ながら、リアルタイムでトラブルを確認し解決することができます。


◆ お客様による同意のもとサポート

キーボードやマウスの制御、画面録画の開始には、お客様の同意が必要です。サポート中に中止もできるため、お客様にも安心していただけます。


◆ ブラインダー機能による個人情報保護

マイナンバーやパスワード、個人情報など見せたくない部分にはブラインダー機能が使用できます。オペレーターの画面上ではぼやけて内容が確認できなくなります。


◆ サポート後のファイルは自動削除

RemoteCallのサポートは1回完了型。遠隔サポートで使用してモジュールファイルは自動的に削除するので、お客様の知らないうちに再接続されてしまう心配はありません。


主なサポート機能


モイバイルサポート

モバイルサポート機能は、リモートサポートをリクエストしたユーザーのスマートフォンに接続し、顧客の見ている画面を一緒に見ながらトラブルを確認し解決することができます。iPhoneAndroid端末のサポートがスムーズに行えます。


現場サポート

 

現場サポート機能は、お客様がスマートフォンのカメラで撮影している映像を共有し、オペレーターがリモート確認、対応を指示したり状況の判断を行います。スマートフォン以外に、スマートグラスのご利用も可能です。


運営ポリシーに合わせて設定

リモートでのマウスやキーボードの操作権限、ファイル転送などの設定で、サポート対象やシーンに合わせた運営が可能です。


万全なセキュリティ対策

豊富なセキュリティ機能を環境や規模に合わせてカスタマイズ設定。さまざまなリスク要因からあなたの会社と顧客を守ります。


 

リモート接続時、認証情報の1次暗号化

すべてのリモートセッションでやり取りされるデータは全て256bit AES (Advanced Encryption Standard) 圧縮暗号化され送信


セッション接続時、2次暗号化

セッションへの接続時は、より厳格な2048-bit SSL (Secure Sockets Layer)通信を使用SSL Webサーバを使用することで、PCとサーバ間で送信されるすべてのデータを暗号化解読できない状態で安全にデータを送信


セキュリティガイドに準拠

RSUPPORTの全リモートソフトウェアでアップデートセキュリティガイドに準拠すべてのモジュールは電子署名に基づいて認証されアップデート



サーバ2重化による安定化とクラウドサーバによる柔軟な対応

Webサーバ・DBサーバ・

中継サーバ・セッションサーバ

国ごとに構成、障害時には異なる国のサーバを使用することで2重化を実現

アップデートサーバ

 

Global CDNを使用しながら、ローカルサーバを配置してアップデートサービスを行う

Global Public Cloud

 

Global Public Cloudを使用することで柔軟なサーバ運営が可能